国内スタッフブログ

   


経歴 :

コメント :

在宅ワーク(子供がいたって、ブランクあったって)

はじめまして、稼働開始して5か月のASです。

初めての投稿ということで、今回は稼働開始するまでの話をしたいと思います。

 

ちょっとさかのぼります、いや、だいぶさかのぼりますが、 

私は、新卒入社した会社での職務経験しかありません。

まだ “働き方改革” なんていう言葉が存在しない時代だったので、

男性社会の業界だったこともあり

《深夜残業》当たり前。《休日出勤》当たり前。色んな事が当たり前。

今から考えると信じられないくらいに働いていました。栄養剤片手に睡魔と闘いないながら働いていました。若かったです。

 

結婚と同時に退職し、その後は気ままに子育てライフを過ごしておりました。

自宅に人を呼ぶのが好きで、自分の趣味でやっていることを幼稚園のママ友にちょこちょこ教えているうちにいつのまにか“お教室”みたいな感じになりました。

 

子供OKにしたら、お友達がお友達を呼んできて・・と一時は収拾がつかないくらいに人が来ていました。

教室は不定期開催だったのですが、呼びかけるとすぐに定員になっていました。

しかし、それがある時を境に「あら・・ちょっと最近少ないかも?」という感じに。。。

原因はすぐにわかりました。みなさん、パートに出始めたのでした。

 

当時は下の子がまだ幼稚園だったし、求人広告を時々流し見をする程度で真剣に職探しをすることはありませんでした。

とにかく「早く幼稚園を卒業して欲しい!幼稚園の送り迎えから解放されたい!小学校にあがったら一人で登下校してくれるのよ。これで、朝送り出したらそのまま二度寝が出来る!なんて夢のような生活が待っているのかしら!」とそればかり考えていました。

しかし、下の子がはれて小学校にあがっても、思い描いていたような充実した生活とはちょっと違う、なんとなく味気のない日々を過ごすことになりました。

 

そろそろ仕事でもしてみようかな!?と、ちらっと求人広告を見てみたところ、

「こんなに職ないの???」とびっくりしてしまいました。

「〇歳まで?この年過ぎてる。。」

「〇〇の資格?もっていない。。。」

「〇時まで?そこまではお留守番させられない。まだ1年生だし。。。。」

「お!これいいかも?あーーー遠すぎる。。。。。」

・・・自分が持っている資格を使うなら土日祝日の出勤が基本。

 

10年以上のブランクがあり、お客様とビジネストークに自信がありません。

しかし、バリバリ働いていた記憶もまだうっすらあり、働きたいという気持ちもあります。

 また面接で「子供が熱を出したりしたらどうしますか?」と聞かれた時の心の準備もできていませんでした。

 

前置きがながくなりましたが、

「子供がもう少し大きくなるまでは家にいたい」

「仕事も少ししてみたい」の成立が可能だったからです。

基本PCに向かって文字によるやり取りが基本なので「あーーーなんだっけ。あれよ、あれ。」となる心配もなし、です(笑)

 

先日、子供が熱を出して学校を欠席した時、何の問題もなく仕事が出来ました。

Mamasan&Companyは、同じようなママさんが働いているので、
「すみません!子供がお母さん、気持ちがわるい・・というので熱計ったら38度以上ありました!ちょっと病院に行ってきます!」
「こっちは大丈夫!だれか~、ASさんお子さん具合悪いそうなので代わりにやってもらえませんか~」
「私やります!大丈夫?お大事に!」とすぐに対処してもらえました。

 

いつでも「自分自身と家族の緊急事態優先でOK!」と言ってもらえるありがたい会社です。そして皆が「お互い様」と思い、自分がしてもらったことを他のママに返していく、というあたたかい雰囲気があります。

 

いまやっと仕事に慣れてきたところです。

現在の私の一番の課題は仕事とプライベートのバランスをうまくとること、そしてメリハリをもって仕事をする、ということです。

 

次回のブログでは、この課題とどう向き合って克服できたかという話が出来たらいいなぁと思います。

 3111

 

私のようにブランクがある方、

子育てしながらキャリアップしたい方、

一緒にチームでお仕事しませんか☆  

ご興味のある方、登録フォームはこちらから☆彡

https://mamabpo.jp/mama_recruit/

 

応援ポチもお願いします☆彡

☆子育てブログ☆にほんブログ村

 ♡ワーキングマザー育児♡にほんブログ村♡