スタッフブログ

   


経歴 :

コメント :

ブラックアウト初体験

Mamasan&Companyに入社してから、
2ケ月が経ちました。

在宅業務でこなせるお仕事中心です。

在宅業務は悪天候になっても、
雨や雪にさらされての通勤は不要という点が、
魅力の一つでしょうか。

でも、当たり前ですが電気は必要不可欠です。

私の住まいは北海道ですが、
先月に台風21号がやってきました。

台風が発生しても北海道に来るころには、
温帯低気圧になることが多いのですが、
今回は台風の勢力を保ったまま、北海道西部を通過。

眠れないぐらいの風の音に加え、雨もすごい勢いで降りっ放し。
大荒れの台風は電柱や樹木をなぎ倒して去っていきました。

そして台風が過ぎてから一夜明けるころに、
今度は地震です。

午前3時ごろにグラグラ揺れはじめ、
これは大きいと思いきや、
ガシャーンと何やら割れる音。

しかたなく起きて割れた食器などを片づけていたら、今度は停電。

真っ暗です。

窓から見る町も真っ暗。
ほぼ、市内全域が停電になったことがわかりました。

携帯でニュースを拝見。
市内どころか、なんと全道停電です。

ブラックアウト発生を知った瞬間でした。

「復旧のメド立たず」のニュースの文字を見たら、
電気が戻る期待はなおさら遠のいていきました。

朝から近くのスーパーでは、
食材を求めてきた客がなした長蛇の列が、
余計に危機感をあおります。

路線バスはもちろん運休、
そして信号機も機能停止。

本日中の復旧はほぼあきらめ、
Mamasan&Companyには、
作業のキャンセルを連絡。

夕方になってやっと停電も
復旧してくれましたが、
この間、詳しい情報が得られなかったのも辛かったですね。

停電になったときの備え。

情報源を得るために、
スマホや携帯電話がありますが、
乾電池が使える充電器なんかも
防災グッズの必要アイテムかもしれません。

とりあえず情報源を確保しないといけないし、
自らの安否情報も伝える場面があるはずなので、
スマホや携帯の充電対策は考えておかないといけませんね。

今年は全国各地で、
地震や台風の被害が発生しましたが、
停電も重なると、とにかく大変です。