スタッフブログ

   


経歴 :

コメント :

食文化の違い

こんにちは!

ロサンゼルスのなべ子です(*^^*)

 

もう9月も中旬ですね!

早いですね~!!

ロサンゼルスのスーパーマーケットでは、HalloweenのPumpkinが売られ始めています(*^^*)

 

さてさて、今日は食文化の違いについてご紹介したいと思います☆彡

 

「アメリカの人って、いつも何を食べているの?」

「やっぱりハンバーガーが好きなの?!」

 

食生活について、色んなご質問を頂きます。

これに関しては当たらずしもなしがな。です‼

 

ロサンゼルスでPopularなファーストフードのお店の『In-N-Out Burger』では

ドライブスルーに長~い長い列が出来ています。

やっぱりハンバーガーは人気なのです‼

 

ですが、

ロサンゼルスには日本食レストランがたくさんあります。

どこのお店も、ランチタイムとディナータイムには長い列が出来ています。

日本食も大人気なのです。

 

他にも、

メキシカンフードのタコスのフードトラックにも長い列が出来ます。

 

みんな、その日の気分で選んでいるのでしょうね‼

決して、ハンバーガーLOVEと言うわけではなく

色んな国のお料理を美味しく頂いています☆彡

 

なべ子の家のお夕飯の人気TOP3は

1位:唐揚げ

2位:ハンバーグ

3位:タコス

です♪

 

(時々パスタやラザニア、オムライスや炒飯などもあります。)

アメリカ人の夫の最近のリクエストはお素麺でした☆彡

 

食文化の違いは、、あまり感じないかもしれません。

 

違いを感じると言うと、売られている物の量の違いです。

 

卵は18個入りで売られていたり、

 

 

ミルクはガロン(1ガロン=約3.8ℓ)で売られていたり、、、

 

どのように消費したらいいのか、時々悩みます(-_-;)

 

 

ロサンゼルスでは食文化の違いは、あまり感じないのですが

それでも、日本に帰国した際にはコンビニのおにぎりは美味しいな~と感じます♡

 

 

あぁ、、、 ローソンの鶏五目のおにぎりが食べたくなってきました…

美味しいな♡と思う気持ちは、世界のどこにいても変わりませんね♪