スタッフブログ

   


経歴 :

コメント :

フランス在宅ワークママよりボンジュール!

ボンジュール‼ブログ初登場の新人、よこちゃんです (*^^*)

 

フランス北東部、ドイツ、スイスとの国境沿いのアルザス地方に位置します、

ヨーロッパの中心都市ストラスブールからお届けいたします♡

 

私自身、まだストラスブルジョワーズの仲間入り?

をしてから一年経っていませんが、

現地ネタを旬な写真とご一緒に定期的にお届けしたいと思います‼

これから夏休みなどでご旅行される方もいらっしゃるかと思いますので、

どこに行くか迷っていらっしゃる場合はどうぞご参考までに…。

はたまた、海外旅行なんてありえないという方には在宅ワークならぬ在宅旅行に…。

 

ちなみに「ストラスブルジョワーズ」とは「ストラスブルジョワ」の女性形で、

パリジャン(男性)とパリジェンヌ(女性)のストラスブール版です。

日本語にすると埼玉県民みたいな感じでしょうか。

なんかガラッと雰囲気変わりますね(笑)

 

ところで話が戻りますが、せっかく世界各地に活躍中のママと

日本で子育て奮闘中のママとがタッグを組んでいるわけですから、

そして働き方改革をうちだしているMamasan&Companyなわけですから、

福利厚生も斬新な「在宅社員旅行」なんて面白いなと思い浮かびました。

あるいは、現地在住のママが添乗員となって、旅行にきたママ一家に格安ツアーをご提供〜

さらには、英語圏にて活躍中のママから格安英会話Skypeレッスン〜 etc…

考え出すと止まりません‼(笑)

 

はい。暴走してしまいましたが、この暴走力こそが、幸か不幸か、私をこの地フランスへと導いてくれたと自負しております☆彡

 

さてさて、本題にはいりましょう。

ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、アルザス地方は歴史的にドイツとフランスとの統治の入れ替わりを経たこともあり、フランス国内でも独特な印象で、ドイツの影響を色濃く残しているといわれています。

ストラスブールから電車で南へ30分行くと、コルマールをはじめとした町や村々を巡ることができますが、本当に可愛いいんです〜♡ まるでディズニーランドのような☆彡メルヘンな世界がリアルに広がっています☆彡

宮崎駿監督の「ハウルの動く城」の風景モデルになったという話が有名です。

 

アルザス地方の伝統的な家々は「コロンバージュ」、日本語では木骨造といわれるスタイルの木造家屋で、たくさんの太い梁が走っているのが特徴です。なんでも昔、おとなりのドイツからの攻撃が来た際に家のどこからでも、梁と梁の間の壁を突きやぶって逃げられるようにこのような造りの家が定着したのだとか。

友人からの情報) まるで隠し扉?

 

さらに日本人としては、ぜひ「フランス=パリ」に加えて「アルザス」にも注目したい要素があるんです‼

なんと日仏の交流は、アルザスにおいては1863年から、

ミュールーズの織物工場の技術に日本の研究者が興味を抱いたことに始まり、

これは最も古くからある大切な日仏交流のひとつだそうです☆彡

現在でもストラスブール大学では毎年400人もの学生が日本語を学んでいて、

なんとスペイン語やイタリア語をおさえ、英語とドイツ語に次ぐ第三番目の外国語だそうです‼2014年)

ちょうど先日、前出の織物工場の跡地で開かれている日本文化の展覧会に行ってきました。(写真…忘れてしまいました(>_<))

広々とした庭には日本の写真が展示され、富士山や鳥居、戦陣などのデコレーションがされていて文化祭みたいなとても楽しい雰囲気でした(*^^*)

 

今年‼祝‼160周年を迎えるフランスと日本の交流☆を記念して、

フランス国内あちらこちらで日本文化のイベントが催されています♪

たくさんの方々が日本に興味を持ち、親しみを感じてくださっていることをとても有難いと感じます。

これこそが異文化理解と平和への道だと思って、私も非力ながらヘキサゴンで奮闘しております‼

(ヘキサゴン:フランス語では、同じ言葉を何度も繰り返すのを避けるために、その国土の六角形のシルエットにちなんで「フランス」という意味で使われています。)

 

これからヨーロッパ・フランス旅行、フランス留学などを考えている方には、

あらゆる面でアルザス、ストラスブールはおすすめの場所です‼

そんなアルザスで幸せに暮らしつつ、

日本のお仕事をさせていただく機会をいただいて、

まさに LA VIE EN ROSE です♡ ありがとうございます‼

今後、おすすめポイントなどもブログにアップさせていただければと思います‼

 

 

 

ちょっと今回、文字メインになってしまいましたが、(しかも長文…(-_-;)

写真をもっとたくさんお届けできるように、しばらく封印していたカメラを引っ張り出し、

今日からカメラママ☆彡になろうと思います。

そういえば、10年ほど前にカメラガールとか森ガールとか流行りましたよね!?

これから、皆様と一緒に「○○ママ☆彡」を流行語にするつもりで頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願い致します‼