スタッフブログ

   


経歴 :

コメント :

タイタニック展

こんにちは、ヴァシュです(^-^)

12月初旬までの期間、
ブダペストで「タイタニック展」があるということで、
子供たちを連れて見に行ってきました‼
 

薄暗~い展示場に入り。。。音声ガイドを聞きながら、
まずは、タイタニック号造船計画からの時代の流れを見ていきます。
 

進んでいくと、
造船当時の様子や、タイタニック号の模型も見ることができます。


 

 

沈んだ船から引き揚げられた、スーツケースや小物などもたくさん展示されています。

 

船内は、ファースト・セカンド・サードクラスと、3つのクラスに分かれていましたが、
そのクラスごとの食事のメニュー内容や、
ファーストクラスの室内やレストランの様子も再現されていました。

 

華やかな音楽♪が流れる展示場を進みながら、
船内の様子の写真パネルを見ながら、
「まさか、あんな大惨事になるとはだれも思ってなかっただろうな。。。(>_<)」と、

ちょっと心が痛んできたところで。。。
 

追い打ちをかけるように、
氷山激突までの当時の記録が、正確な時間とともに
写真パネルで生々しく紹介されています。

 

最後は、各クラスごとの乗客リストと助かった人のリストが、パネルに載せられています。

女性子供を優先にして救助ボートに乗せたようですが、
それでもまだ、たくさんの乗客が船の中に残されていました。
タイタニック孤児の子供たちの写真もありました。

双眼鏡を無くしたり。。。
旅客達が送っていた電報の混線で、船長へ正確な情報が届いていなかったり。。。
救命ボートの場所をケチったせいでボートが足りなかったり、などなど。。。

人間の(凡?)ミスが重なって、最悪の海難事故となったようですね。

船酔いが激しい私には、
船の旅行なんて一生縁は無いな。。。と思ったのでした。