ブログ

   


経歴 :

コメント :

ランディングページ制作で外部委託を活用し売上UPにつなげよう

ランディングページを制作して、
お問合せや資料請求の件数を増やし、売上アップを測りたい!

 

しかし、ランディングページ制作が初めてで、情報収集に手間取っている方も少なくはないのではないでしょうか。
もしくは、ランディングページを既に制作したのに、思うように成果が上がらなくて、お困りの方もいるでしょう。
このような方のために、ランディングページを制作する際に、理解しておくとよいポイントがあります。

 

この記事では、ランディングページの意味と、制作過程、特徴、外部委託するときのポイント、おすすめの外部委託先についてご紹介します。

外部委託先

ランディングページとは

ランディングページは英語でLanding Pageと書き、英語の記述を省略してLPと表記することもあります。
では、ランディングページとは具体的にどのような意味なのでしょうか?

ランディングページには2つの意味がある

ランディングページには2つの意味があります。
一つ目の意味は、英語のLanding Pageを直訳した「着地するページ」という意味で、検索結果などからユーザーが初めに訪れるページのことです。
二つ目の意味は、商品やサービスを販売したり、資料請求を促すための長い1枚のWebページのことです。
前者の意味でのランディングページのことを、広義のランディングページと呼び、後者は、狭義のランディングページと呼びます。

広義のランディングページ

広義のランディングページは、検索結果などから初めに訪れるページであるため、ひとつのWebページに複数のランディングページがあります。
初めにTOPページへユーザーが訪れた場合は、TOPページがランディングページとなり、インフォメーションのページに初めに訪れた場合は、インフォメーションがランディングページとなるのです。

狭義のランディングページ

狭義のランディングページは、デザインのインパクトと長い文章が特徴で、細長い1枚のWebページで構成されます。
また、ユーザーのアクションを誘導する目的に特化しており、1つの商品のみを紹介することがほとんどで、一般的にランディングページというと、この意味で使用されます。

 

下記のリンクは、狭義のランディングページの一例です。
https://mamabpo.jp/document_sy/
https://mamabpo.jp/experience/
http://mamasan.design/

ランディングページの役割と特徴

ランディングページの役割は、
・お問合せ
・パンフレット、無料イベントなどの申し込み
・商品やサービスの購買
などの確率を高め、見込み客の発掘、商品やサービスの販売を促すことです。
その目的達成のために施されている特徴、工夫についてご紹介します。

LPだけで商品やサービスの理解ができる

申し込みやお問合せを増やすには、ユーザーに商品やサービスへの理解を深めてもらい納得してもらう必要があります。
通常のWebサイトは、自分で情報を集めなければなりませんが、ランディングページは1ページに必要な情報をまとめることができ、理解しやすいのが特徴です。
また、ユーザーが理解しやすい理想的な順番で情報を並べることができるため、優秀なセールスマンのトークを再現し、売上につながりやすい形にできます。

他のページへのリンクが少ない

ランディングページは、他のページへのリンクが極端に少ないのが特徴です。
他のページへのリンクを多くすると、ページを回遊してしまい、企業情報など、お問合せや売上につながらないページに移動する可能性が出てきます。
はじめからリンクを少なくしておけば、回遊することもないという発想で設計されているのです。

デザインで視覚的に理解できる

ランディングページには、リンクが少ないためサイドメニューを置く必要がなく、ページを大胆に使えます。
そのため画像や図をふんだんに使うことができ、視覚的に内容を説明することが可能です。通常のページよりも、訴求力がはるかに強いページになります。

LP制作を外部委託すると何がよいのか?

自社開発

ランディングページは、出来の良し悪しで申し込み数が変わります。
そのために、いざ自社で開発して作って公開してみると、ほとんど効果があがらないこともあるのが現状です。
ランディングページ制作の流れを簡単に追いながら、外部委託のメリット、デメリットをご紹介します。

ランディングページ制作の流れ

ランディングページ制作の手順は、「戦略設計」、「構成・ライティング」、「デザイン開発」、「コーディング」、「保守運用」の5つのフェーズに分かれます。

 

「戦略設計」では、LPへの入り口(検索キーワード、広告)と、ゴールを決め、訴求対象となるペルソナを選定します。
ペルソナに何をどのような順番で見せるのか考え、LPの構成を決めるのが「構成・ライティング」のフェーズです。
「デザイン開発」では、写真やフォントをうまく使い、ペルソナが読みたいと思うページにしていきます。
出来上がったデザインを、PC・スマートフォン・タブレット端末で問題なく表示されるようにする工程が、「コーディング」です。
「保守・運用」のフェーズでは、実際の申し込み率をもとに、デザインや訴求内容を改善し、さらなる申し込み数のアップを図ります。
各フェーズでは、それぞれの分野の専門家(コピーライター、Webデザイナーなど)が必要で、そのほかに全体の進行役のディレクターが制作過程をとりまとめます。

LP制作を外部委託するメリット

ライティングや、デザイン、コーディングはどうしても専門知識が必要です。
外部委託をすると、企業の担当ではわからない部分にも対応できます。
また、継続的に売上をアップさせるには顧客分析や競合分析が欠かせませんが、自社で継続的に行うとなると、かなりの知識や労力が必要です。
専門知識のある外部委託先に依頼することで、顧客分析から競合他社の分析まで幅広く任せることができるため、競合相手よりも優れたランディングページを保つことができます。

LP制作を外部委託するデメリット

LPを運用していく中で、実際の反応を分析して、より高くしていきたいという要望は自然と出てきます。
その要望をかなえるためには、分析だけでなく改善することが必要ですが、外部委託だと修正したい場所があっても、追加の料金が発生してしまいます。
また、外部委託するとデザインの一貫性(トンマナ)を説明する必要がでてきます。今までどのような制作物を作ってきたか、社風に合うかなどを説明する手間が発生するのです。

LPを外部委託するときのポイント

相性チェック

ここでは、外部委託する際に気を付けるべきポイントをご紹介します。

自社と外部委託先との相性

初めてランディングページを制作するのであれば、制作会社にも得意な分野があるため、自社の業務に関して実績がある会社を選ぶとよいでしょう。
既にランディングページを制作しており、申し込みや売上の数字が出ていないのが悩みなのであれば、原因の分析も重点的に行っている会社を選ぶとよいです。
また、外部委託先とは信頼関係を築くことが大事であるため、コミュニケーションが取りやすい会社であることも大切なポイントです。

デザインやマーケティング力

ランディングページは申し込みや売上を増やすことが目的であるため、数字をあげることが求められます。
見た目の美しさや、一目で伝えたいことがわかるデザインであることはもちろん、売るためのメソッドや知識などマーケティング力もある会社を選ぶとよいでしょう。

サービスの内容・料金は要確認

運用していく中で、ランディングページを制作した後の改善サポートは、申し込み率を改善するために必要です。
初期費用は安くても、改善サポートの料金が高いために、他社に変更せざるを得なくなるケースもあります。
そうならないためにも、トータルで費用がどれくらい必要なのか初めに確認しておいた方がよいでしょう。

おすすめの外部委託先

おすすめの外部委託先は以下の3社です。

Mamasan&Company株式会社

https://mamabpo.jp/
Mamasan&Company株式会社は、育児などの理由で、在宅ワークにキャリアチェンジした国内外の優秀な人材が数多く在籍します。
経験豊富なデザイナーや、コピーライター、マーケティングに詳しいスタッフもいるため、安心してLP制作を任せることができます。
「クオリティ・スピード・低コスト」 をコンセプトとしているため、品質がよいのにリーズナブルなランディングページの制作が可能です。

株式会社リスティングプラス

https://ppc-master.jp/
株式会社リスティングプラスは、リスティング広告が得意な会社で、GoogleAdsの運用コンテストで最優秀賞をとるなど広告運用のノウハウは豊富です。
広告制作の実績を活かしたランディングページの制作を行っており、幅広い広告媒体を運用したい場合に利用するのがおすすめです。

株式会社インクローバー

http://www.inclover-inc.com/
株式会社インクローバーは、美容や健康食品などの通販業界の実績が多い会社です。検索連動広告のほかに、FacebookやTwitterなどのSNS広告、ネイティブ広告も取り扱っています。
インフルエンサーによるアフィリエイト広告なども依頼することが可能です。

まとめ

ランディングページはただ制作して公開すれば効果が出るとは限りません。
申し込み数などの反応や売上などを向上させるためには、マーケティングの知識が必要で、公開した後の改善過程も重要です。
制作の過程ではライティング、デザイン、コーディングなどの専門知識が必要であるため、それらの業務を自社で行うにはそれなりの知識と労力が必要です。

 

外部委託をすると、より専門的な知識やスキルを頼ることができ、ページを公開した後の改善サポートを受けることが可能です。
ランディングページを初めて制作する方も、既存のランディングページを改善してさらに売上アップを目指す方も、一度外部委託を検討してみてはいかがでしょうか。